通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ホルモン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ホルモン
外語:hormone 英語 , 激素 支那語(大陸・台湾) , hormon/o エスペラント
品詞:名詞
2001/03/24 作成
2011/02/18 更新

内分泌腺で作られる、生物の成長や働きを調節する物質のこと。

ホルモンは微量でも有効な物質で、アミノ酸ペプチド糖蛋白質ステロイドなどがある。

分泌されたホルモンは遠く離れた目的器官へ循環系を用いて届き、分化や成長、発達、分泌などを制御する。

主としてABC順、50音順。

  • 視床下部
    • オレキシン(ORX)
      • オレキシンA
      • オレキシンB
    • 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)
    • 性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)
    • 成長ホルモン放出ホルモン(GHRH)
    • ソマトスタチン
    • ドーパミン
    • 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)
    • メラニン凝集ホルモン(MCH)
    • メラニン細胞刺激ホルモン放出ホルモン(MRH)
    • メラニン細胞刺激ホルモン放出抑制ホルモン(MIH)
  • 脳下垂体
    • 前葉
      • 黄体刺激ホルモン(プロラクチン)(PRL)
      • 甲状腺刺激ホルモン(TSH)
      • プロオピオメラノコルチン(POMC)
        • エンドルフィン
        • 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)
        • リポトロピン(脂肪動員ホルモン)
      • 性腺刺激ホルモン
        • 黄体形成ホルモン(LH)
        • 卵胞刺激ホルモン(FSH)
      • 成長ホルモン(GH)
    • 中葉
      • プロオピオメラノコルチン(POMC)
        • メラニン細胞刺激ホルモン(インテルメジン)(MSH)
    • 後葉
  • 松果体
    • メラトニン
  • 甲状腺
    • 甲状腺ホルモン(TH)
      • カルシトニン
      • トリヨードサイロニン (T3)
      • サイロキシン/チロキシン (T4)
  • 副甲状腺
  • 腎臓
    • エリスロポエチン(EPO)
    • レニン
  • 副腎
  • 膵臓
  • 生殖腺
    • 精巣
      • インヒビン
      • テストステロン
      • (その他、副腎皮質で作られる性ホルモンと同様のもの)
    • 卵巣
      • アクチビン
      • 抗ミューラー管ホルモン(AMH)
      • リラキシン
      • (その他、副腎皮質で作られる性ホルモンと同様のもの)

なお、「ホルモン焼き」などというときのホルモンは意味が全く違い、牛や豚などの臓物のことをいう。

これは、放るもん(捨ててもいいようなもの)→ホルモン、と派生したといわれていて、名前の発案は大阪の北極星を創業した北橋茂男であるとされる。

関連する器官
内分泌系
循環系

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club