通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

脳下垂体

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:のうかすいたい
外語:pituitary gland 英語
品詞:名詞
2005/09/14 作成
2011/01/31 更新

全身のホルモンの中枢。内分泌腺の一つ。単に「下垂体」ともいう。

目次

頭蓋骨底部の中心部にある窪み(トルコ鞍)の中にある、豆粒ほどの大きさの器官である。

周辺には、脳梁中脳などがあり、脳下垂体の上方には視神経が延び、横には血液を送る血管(内頸動脈)、眼球を動かすための神経など、重要な要素が多く集まっている。

小さいながらも全体の大部分を占める前葉と、小さな中葉・後葉の全三部に分かれていて、それぞれが特徴的なホルモンを分泌している。

それぞれの葉が分泌する代表的なホルモンは、次の通りである。

  • 前葉
    • 成長ホルモン(GH)
    • 黄体刺激ホルモン(プロラクチン)(PRL)
    • 甲状腺刺激ホルモン(TSH)
    • 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)
    • 性腺刺激ホルモン
      • 卵胞刺激ホルモン(FSH)
      • 黄体形成ホルモン(LH)
  • 中葉
    • メラニン細胞刺激ホルモン(MSH)
  • 後葉
器官の所属

内分泌腺
関連する器官
脳梁
中脳

関連する用語
ホルモン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club