通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

β-エンドルフィン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・生体物質編 (NSUBNBL)
読み:ベータエンドルフィン
外語:beta-endorphin 英語
品詞:名詞
2002/05/14 作成
2007/05/05 更新

神経ペプチドのオピオイドペプチドに属する神経伝達物質の一つ。脳下垂体前葉から分泌される。

強力な鎮痛作用があり、俗に脳内麻薬とも呼ばれている。

生物により構造は少しずつ異なる。

動物ごとのβ-エンドルフィンの一次構造とCAS番号は次の通り。

  • ヒト ‐ YGGFMTSEKSQTPLVTLFKNAIIKNAYKKGE (61214-51-5)
  • ラット ‐ YGGFMTSEKSQTPLVTLFKNAIIKNVHKKGQ (77367-63-6)
  • 豚 ‐ YGGFMTSEKSQTPLVTLFKNAIVKNAHKKGQ
  • 牛・駱駝 ‐ YGGFMTSEKSQTPLVTLFKNAIIKNAHKKGQ

ヒトβ-エンドルフィン

  • 組成式: C158H251N39O46S
  • 構造式: YGGFMTSEKSQTPLVTLFKNAIIKNAYKKGE
  • 分子量: 3465.1
  • 融点: (該当資料なし)
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 61214-51-5

ラットβ-エンドルフィン

  • 組成式: C157H254N42O44S
  • 構造式: YGGFMTSEKSQTPLVTLFKNAIIKNVHKKGQ
  • 分子量: 3466.1
  • 融点: (該当資料なし)
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 77367-63-6
物質の特徴
リガンド
神経伝達物質

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club