通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

内用薬

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:ないようやく
品詞:名詞
2016/05/14 作成

経口投与で用い、胃腸から吸収させて効果を期待する。経口薬、内服薬、飲み薬。

錠剤散剤、あるいはカプセルなど、様々な剤形の飲み薬をいう。

飲んだ薬は、他の食品などと同様に腸管より吸収され、循環系へと入る。但し、服用した薬が全てそのままで体内に入るわけではない。

  • 消化管酵素で分解されてしまうことがある
  • 吸収されにくい薬は、わずかしか腸管より吸収されず、大半は大便として排泄されてしまう
  • 腸管から無事に吸収されても、まず門脈を通って肝臓を通過し、この時に薬剤が代謝される「初回通過効果」という洗礼が待ち構えている

これら代謝の過程を無事にくぐり抜けた僅かなものだけが、血中を巡り全身へと運ばれる。

用語の所属

関連する用語
内用
剤形
外用薬

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club