通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

消化管

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官用語編 (BBORGY)
読み:しょうかかん
外語:alimentary canal 英語 , digest/a /tub/o エスペラント
品詞:名詞
2004/11/14 更新

消化系の中心となる管。腸管とも。

食道小腸大腸肛門(人間の場合)が、一本の長い管であることから消化管と呼ばれる。

生物の受精卵が細胞分裂を繰り返し、やがて周囲が中心に向かって丸まり中央に窪みが出来る。これを原口(げんこう)という。そして中に出来た空洞が消化管となる。徐々に体が形作らる中、違うところにもう一つ穴ができることで、完全な管となる。このうち、最初の窪みが口になる生物を先口動物、肛門になる生物を後口動物といい、先口動物は比較的下等な動物とされる。人間は後口動物である。

器官の所属
消化系
消化器
該当する器官

食道

小腸
大腸
肛門

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club