通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

四塩化炭素

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・溶媒溶剤編 (NSUBNS)
読み:しえんかたんそ
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

CCl4。別名テトラクロロカーボン(Tetrachlorocarbon)、テトラクロロメタン(Tetrachloromethane)。有機溶剤の一つで劇物指定。常温では特徴的な臭気のある無色の液体。分子量153.8。融点−23℃、沸点76.5℃。加水分解で塩酸を生じる。CAS番号56-23-5。ICSC番号0024。

肝臓腎臓に対する毒性が極めて強く、肝臓では脂肪変性、水腫状変性、壊死、発がん、腎臓も腎尿細管壊死などの症状が出る。取り扱い注意。故意に吸い込むようなことは決してしてはならない。

CFC(フロン11、12、113等)などの特定フロン原料に使われたが、オゾン層を破壊するということで、フロンと共に1995(平成7)年に生産中止。現在ではもはや入手困難である。

かつては消化器用の消火剤として使われていたが、人体に対する毒性が問題となり、1973(昭和48)年に廃止を公示、翌年にはほぼ生産が中止された。幾多の変遷を経て、現在ではリン酸アンモニウム主剤のABC粉末消火器が主流である。

関連するリンク
ICSC 国際化学物質安全性カード
関連する用語
肝臓
腎臓
がん
溶剤
特定フロン

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club