通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

溶剤

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:ようざい
外語:solvent 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

物質を溶かすために用いる液体。無機溶剤と有機溶剤に別けることが可能だが、無機溶剤は水や二硫化炭素(二硫炭)くらいで、後は殆ど全部、有機溶剤である。

炭化水素、ハロゲン化炭化水素、アルコール、エーテル・アセタール、ケトン・アルデヒド、エステル、脱水溶剤などがある。

炭化水素系には、ベンゼントルエン、キシレン、シクロヘキサン、クーペン系などがある。

ハロゲン化炭化水素には、臭化アリルや塩化アリル、臭化ベンジルや塩化ベンジル、ブロモベンゼンなどがある。

アルコール系には、イソプロピルアルコール(IPA)、エチルアルコール(エタノール)などがある。

エーテル・アセタール系には、セロアセ、エチセロ、メチセロ、ブチセロ、PM、PMA、DPM、TPM、PNB、EEP、MMB、ETBなどがある。

ケトン・アルデヒド系には、MEK、MIBK、アセトンなどがある。

エステル系には、酢酸エチル、酢酸ブチル、MBM、HBMなどがある。

脱水溶剤には、DMFなどがある。

塩素系には、1,1,1-トリクロロエタン、トリクロロエチレン、パークロロエチレン、ジクロロメタン(塩化メチレン)、四塩化炭素クロロホルムなどがある。

その他、DMSO、NMP、蟻酸、ホルムアミド、フロンなどがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club