通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

トルエン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・溶媒溶剤編 (NSUBNS)
読み:トルエン
外語:toluene 英語 , 甲苯 支那語(大陸・台湾) , toluen/o エスペラント
品詞:名詞
2001/04/02 作成
2014/02/11 更新

芳香族炭化水素の一つ。シンナーの主成分。別名、メチルベンゼン、トリオール。

基本情報

トルエン
トルエン

  • 外観: 無色透明な液体で、特徴的な臭気がある
  • 溶解性:

誘導体、関連物質の例

安全性

適用法令

  • 毒物及び劇物取締法(毒物及び劇物指定令)
    • 劇物 (但し、90%を超えて含有するもの)
  • 悪臭防止法 (悪臭防止法施行令)
    • 特定悪臭物質

危険性

強酸化剤と激しく反応し、火災や爆発の危険性がある。

  • 引火点: 4℃(密閉式)
  • 発火点: 480℃
  • 爆発限界: 1.1〜7.1vol%(空気中)

有害性

  • 刺激
    • 腐食性: (該当資料なし)
    • 刺激性: 眼、気道を刺激する
    • 感作性: (該当資料なし)
  • 毒性

環境影響

  • 分解性: (該当資料なし)
  • 蓄積性: (該当資料なし)
  • 魚毒性: 水生生物に対して毒性が強い

シンナーの主成分で、ペンキなどの溶剤に使われる。また、ドラッグとしても利用可能で、これをアンパンなどと俗に呼ぶ。常習性があるため取り扱いは要注意。

トルエンを吸引すると神経が抑制され、ラリった状態になる。常用すると幻覚や妄想などの精神障害を来す。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club