通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

四環系抗鬱薬

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:よんかんけいこううつざい
外語:tetracyclic antidepressants 英語
品詞:名詞
2005/08/19 更新

ノルアドレナリンに影響を与えるタイプの抗鬱薬。第二世代の抗鬱薬。分子構造中に4個の環構造があることから、この名がある。

四環系抗鬱薬の例 [塩酸ミアンセリン]
四環系抗鬱薬の例 [塩酸ミアンセリン]

脳内の神経終末でシナプス前にあるα2受容体を遮断しノルアドレナリンの放出を増加させるタイプと、ノルアドレナリン再取り込みを阻害するタイプがある。

三環系抗鬱薬の問題だった副作用が若干軽くなっている。その分使いやすいといえるが、効果は三環系には及ばない。遅効性なのも三環系と同様である。

四環系抗鬱薬の代表に、塩酸マプロチリン(ルジオミール(日本チバガイギー))、塩酸ミアンセリン(テトラミド(三共))、マレイン酸セチプチリン(テシプール(持田))、などがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club