通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

塩酸チアプリド

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:えんさんチアプリド
外語:Tiapride Hydrochloride 英語
品詞:名詞
2005/07/21 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

メジャートランキライザー(ベンザミド系中枢神経系用剤)の成分。ジスキネジア改善剤。D2-ドーパミン拮抗薬。

分子式C15H24N2O4S·HCl。分子量364.89。CAS番号51012-33-0。化学名N-[2-(diethylamino)ethyl]-5-(methylsulfonyl)-o-anisamide hydrochloride。

塩酸チアプリド
塩酸チアプリド

脳動脈硬化症や脳梗塞後遺症に伴う攻撃的な言動や行為、あるいは不随意運動を抑える働きをする。また、特発性ジスキネジア及びパーキンソニズムに伴うジスキネジアの治療にも使われる。

製品例にグラマリール(アステラス製薬(元・藤沢薬品工業))などがある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club