通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

壬生菜

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:みぶな
品詞:名詞
2011/11/19 作成

アブラナ科アブラナ属の一年草または二年草。京野菜の一つ。

分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。

新エングラー分類法

クロンキスト分類法

  • 門: モクレン門 Magnoliophyta
  • 綱: モクレン綱 Magnoliopsida
  • 亜綱: ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
  • 目: フウチョウソウ目 Capparales
  • 科: アブラナ科 Brassicaceae

生態

日本の京都府原産の京野菜である。

同様に京野菜である水菜(ミズナ)の自然交雑により生じたとされ、葉が細長いことを特徴とする。

江戸時代より、現在の京都市中京区にある律宗の寺院「壬生寺」の周辺で栽培されていたと言うことから、この名が付いたとされる。

現在は市内での栽培は殆どなく、京都府内で広く栽培されている。

辛味と独特の香りを持っており、主として漬物用として栽培されている。

漬け物以外の用途も模索されており、団子やパスタソースなどへの用途がJA京都の紹介にある。

用語の所属
植物界
被子植物門
双子葉植物綱
アブラナ科
アブラナ属
関連する用語
水菜

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club