通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

失認

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:しつにん
品詞:名詞
2005/09/14 作成
2008/08/18 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

目は見えているものの、見た対象が何であるかを判断・判定できない状態のこと。

日頃見慣れているはずの物をみても、それが何か分からない状態が視覚失認、人などの表情等が分からない状態が相貌失認である。

ものを見分けることは脳の最も高度な機能の一つであり、これは後頭葉で行なわれている。後頭葉が損傷されると、ものを見分ける機能が失われることになる。

例えば視覚失認の一種に失読があり、目で見た字を認識できない。しかしその字を指などでなぞれば理解できるほか、自発的に字を書くことが容易に可能である。このような症状は左後頭葉と脳梁膨大部に病巣があることが多く、その原因の多くは脳腫瘍や脳血管障害とされる。

疾病箇所
大脳
後頭葉
該当する疾病
相貌失認
半側空間無視
関連する用語
脳梁
脳血管障害

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club