通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

希硫酸

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質用語編 (NSUBY)
読み:きりゅうさん
外語:dilute sulfuric acid 英語
品詞:名詞
2001/11/10 作成
2007/07/27 更新

で希釈した硫酸強酸

強力な二価の酸で、ほぼ全ての硫酸分子が硫酸水素イオンHSO4と水素イオンH+に電離している。また、さらに一部の硫酸水素イオンは、硫酸イオンSO42−と水素イオンH+に電離している。

希硫酸は濃硫酸のように脱水作用、酸化作用、不揮発性、吸湿性といった性質はないが、代わりに電離したH+が多い電離度の高い強酸として振る舞う。つまり酸化力自体は濃硫酸が強いが、酸としては希硫酸の方が強い。

硫酸を水で希釈する場合、決して硫酸に水を注いではならない。必ず水の中に硫酸を注ぎ込むようにする。

これは、硫酸を水で薄めたときの溶解熱が非常に大きく(1molあたり95.3kJ)、硫酸に水を注ぐと水がいきなり沸騰し、その弾みで熱濃硫酸が飛んできて大変危険だからである。

水に入れる時も、かき混ぜつつゆっくり入れなければ危険である。できれば冷却しながら行なうことが望ましい。

関連する用語
硫酸
濃硫酸

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club