通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

抗がん剤

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:こうがんざい
外語:anticancer drug 英語
品詞:名詞
2001/10/13 作成
2011/02/08 更新

がん細胞を攻撃する効果を持つ薬剤。

がん治療に使われる薬剤である。

現時点において、一つの薬剤であらゆるがんに効果を持つものは存在しないので、複数の抗がん剤の併用療法が主流。

また、現在の多くの抗がん剤はがん細胞のみならず正常細胞の増殖も抑えてしまう。このため、様々な副作用が極めて顕著に見られる。

抗がん剤とは何かを一言で言えば、「正常細胞よりがん細胞の方が感受性が高い毒」である。

「毒と薬は紙一重」というよりは、毒そのものである。「毒を以って毒を制す」といった方が現実に即しているだろう。

副作用

抗がん剤はいずれも極めて強い副作用があるため、利用に際しては抗がん剤の性質をよく理解しておく必要がある。

  1. 骨髄抑制 (赤血球減少で貧血、白血球減少で感染症など)
  2. 嘔吐
  3. 倦怠感、食欲不振
  4. 脱毛
  5. 腎機能障害
  6. 肝臓、膵臓機能障害
  7. 感染 (日和見感染)
関連する用語
がん
副作用
ゲフィチニブ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club