通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

星蝕

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:せいしょく
外語:star eclipse 英語 , stel/a eklips/o エスペラント
品詞:名詞
2008/08/19 更新

による星の蝕(食)のこと。月が天球上を移動するさい、恒星惑星の上を通過することがある。これが星蝕である。

正字では「星蝕」と書くが、「蝕」が当用漢字・常用漢字から漏れたため、今では「星食」と書かれることが多い。

星蝕のうち、恒星を蝕するものを恒星蝕、惑星を蝕するものを惑星蝕という。

恒星蝕

白道(天球上の月の軌道)上に恒星は無数にあるので、暗い恒星の蝕であれば頻繁に見られるが、明るい恒星の蝕となると希である。

1等星で星蝕になりうる恒星は、次の4つである。

惑星蝕

惑星は黄道付近を移動するので、白道と黄道の交点付近で、希に惑星蝕を見ることができる。

黄道付近では、惑星が恒星の手前を通過する現象も発生するが、これは惑星蝕とは呼ばない。

関連する用語
日蝕
月蝕

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club