通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

核燃料

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:かくねんりょう
外語:nuclear fuel 英語
品詞:名詞
2003/03/20 作成
2011/03/16 更新

原子力発電に用いる燃料のこと。核分裂によってエネルギーを発生させる物質の総称。

一般的にはウランだが、他にプルトニウムトリウムなどがある。

ウランとプルトニウムを混ぜたMOX燃料が使われることもある。

種類

単にウランと言っても、ウランには同位体が多数あり、燃料になる質量数のものと、ならない質量数のものがある。

自然界にある同位体組成のままのウランを「天然ウラン」といい、核燃料として使われるウラン235の濃度を高めたものを「濃縮ウラン」という。濃縮ウランも濃縮率によって区別され、原子力発電では数%程度に濃縮した低濃縮ウランを、原子爆弾には6N(99.9999%)まで濃縮した高濃縮ウランを使用する。

ウラン235はウランの中で0.7%程度しかないため、99.3%はただのゴミとなる。これを劣化ウランという。

多重防護

ウランそのままでは使うことができないので、形を整えることになる。

核燃料をセラミックで焼き固めたものを「ペレット」、ペレットを管にいれ棒状にしたものを「燃料棒」、燃料棒を束ねたものを「燃料集合体」という。

用語の所属
原子力発電
関連する用語
燃料棒

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club