通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

MOX燃料

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:モックス・ねんりょう
外語:MOX Fuel: Mixed OXide Fuel 英語
品詞:名詞
2001/08/13 作成
2008/10/11 更新

高速増殖炉で用いられる燃料で、ウランプルトニウムの酸化物粉末を混合して焼き固めたもの。「混合酸化物燃料」の意。

目次

通常の軽水炉で使われるウラン燃料は、燃えない天然ウラン(ウラン238)に、燃えるウラン235の割合を3〜4%程度に増やした濃縮ウランを用いる。

対してMOX燃料は、燃えない天然ウランや濃縮した後に残るウラン(劣化ウラン)に、燃えるウラン235と核分裂性プルトニウムを数%混合したものである。

プルサーマルとして、日本でもMOX燃料は用いられている。

但し、軽水炉で全燃料をMOX燃料にするのは不可能で、またMOX燃料は制御棒から離れた場所に配置するなどの工夫が必要である。

全燃料をMOX燃料にするためには専用の炉が必要である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club