通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

二酸化プルトニウム

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:にさんかプルトニウム
外語:plutonium dioxide 英語 , 二氧化钚 大陸簡体 , 二氧化鈈 台灣正體
品詞:名詞
2007/03/14 作成

プルトニウムの二酸化物。天然の(環境中の)プルトニウムは、殆どがこの形で存在している。核燃料として使われる。

核燃料の再処理

核燃料の再処理工場により、処理され回収され、結果得られるプルトニウムは硝酸プルトニウム溶液となっている。

このプルトニウムを原子炉で核燃料として使うためには、酸化物などに転換する必要である。幾つかの方法があるが、この過程を総じて「プルトニウム転換」という。

大きく、プルトニウムの単体に転換する方法と、混合変換法と呼ばれる、ウラニル溶液と混合し二酸化ウランと二酸化プルトニウムの混合酸化物に転換する方法がある。

当然、プルトニウム単体を得る方が良いが、核兵器にも転用できるため、日本の場合は米国政府の内政干渉によって後者、混合転換法を要求された。このため、これを核燃料とするにはMOX燃料として燃料化する必要が生じる。

原子力電池

惑星探査機などでは、二酸化プルトニウムを熱源とし、熱電対を用いて電力を得る発電機原子力電池(RTG)がよく利用されている。

関連する物質
プルトニウム
MOX燃料
二酸化ウラン
関連する用語
原子力電池

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club