通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

植物状態

辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:しょくぶつじょうたい
外語:vegetative state 英語
品詞:名詞
2001/08/13 作成
2009/02/28 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

のうち、生命の中枢である脳幹は健全だが、それ以外の部分(大脳小脳)が死んでしまったか、機能を失っている状態。

目次

大脳などは死んでいるため意識は無いが、脳幹はまだ生きているので自発呼吸があり心臓も動かせるので、経鼻胃管(いわゆる栄養チューブ)で栄養を与えれば生存は可能である。

現代医学では、意識が戻ることもあると言われている。

この状態の人間のことを一般に「植物状態人間」という。かつては植物人間とも言われたが、これは現在放送禁止用語になっているようだ。

植物状態になってからの寿命は10年程度と言われるが、より長生きする場合もある。

脳が死んでいる場合には治癒する可能性はまず無いが、脳の細胞が死んでいなかった場合は、希に意識が戻る場合もある。

用語の所属
VS
関連する用語
脳死

脳幹
大脳

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club