通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

炭素13

辞書:科学用語の基礎知識 原子元素・名称編上 (NELEMN1)
読み:たんそ・じゅうさん
外語:13 C 英語
品詞:名詞
2011/06/13 作成

炭素同位体の一つ。

炭素の安定核種の一つ。恒星の中では、第一世代の恒星が作った炭素12を種に、第二世代の恒星以降がCNOサイクルで作り出す。

ただし、CNOサイクルではその後水素1と融合して窒素14を作ってしまうため、全体に占める量は少ない。

天然には、他に安定核種の炭素12と、放射性同位体の炭素14がある。

生物が作った有機物は炭素13と比べて炭素12の割合が高く、岩石などの痕跡による研究でも、生物の痕跡がある箇所では炭素12の割合が高まることが知られている。

地球外生命体の研究でも、炭素の同位体比は調査の対象である。

CNOサイクルでは、次のような反応で作られる。

  • 12C + 1H → 13N + γ
  • 13N → 13C + e+ + νe+崩壊、陽子は中性子に変換される)

13Nは、半減期9.965秒でβ+崩壊し、13Cになる。

用語の所属
炭素
同位体
13

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club