通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

胆道

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:たんどう
品詞:名詞
2004/11/14 作成
2013/06/21 更新

肝臓で作られた胆汁を、貯留したり十二指腸に排出するまでの通り道の総称。

胆道は、大きくは次のように分けることができる。

  • 胆管 (胆汁を運ぶ管)
    • 肝内胆管 (肝臓の中にある管)
    • 肝外胆管 (肝臓を出て十二指腸までの管)
  • 胆嚢 (途中で胆汁を一時的に貯留し、濃縮する臓器)
  • 十二指腸乳頭 (十二指腸への出口)

胆道は、膵臓内にある十二指腸乳頭で主膵管と合流し、共通管という一本の管となって十二指腸へと開口する。

用語の所属
消化系
関連する用語
胆管
肝臓
十二指腸
先天性胆道閉鎖症

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club