通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

腎盂腎炎

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:じんう・じん・えん
品詞:名詞
2004/05/03 作成
2006/08/20 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

尿路感染症の一つで、大腸菌などの腸内細菌が腎臓腎盂に侵入し、炎症を起こすもの。特に成人女性に多い。

腎盂(腎臓の出口にある尿が貯まる部位)で細菌が繁殖して炎症を起こし、それが腎臓にまで及ぶものをいう。

多くの場合はまず膀胱炎を先行して罹患し、その感染菌が腎臓に移行することで腎盂腎炎を発症する。

症状は発熱や腰痛などがある。

通常は、外陰部より侵入した細菌感染によるが、小児で腎盂腎炎が頻発する場合は膀胱尿管逆流症や腎盂尿管移行部狭窄症などの先天性疾患が疑われる。

腎盂腎炎は、何度も繰り返していると腎不全になる恐れがあるので、完治が必要である。再発するときは、腎臓や尿管に石がないか等も確認が必要だろう。

治療は抗生物質の服用によって行なう。

また、水分を多く摂ること、尿を我慢しすぎないこと、下腹部を冷やしすぎないこと、が重要である。

軽症であれば安静によって軽快するが、発熱や脱水症状があるなど重症の場合は入院が必要である。

関連する疾病
尿路感染症
膀胱炎
膀胱尿管逆流症
関連する器官
腎臓
腎盂

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club