通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

腎臓がん

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:じんぞうがん
外語:Kidney cancer 英語
品詞:名詞
2002/01/28 作成
2007/06/10 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

腎臓に発生した悪性腫瘍のこと。腎がんともいう。

小児の腎臓がんは先天性の疾患であり、例えば11番染色体に欠失が見られる場合があるが、一般的には後天的に発生する。

後天的発生の原因は煙草や薬品などが考えられているが、はっきりとした原因は分かっていない。

主たる症状は血尿、腹痛、腹部腫瘤(しゅりゅう)だが、こういった症状が出てくるのはかなり進行してからで、既に20cm大にもなってから発見されるという例もある。

腎臓は尿を作っているだけではなく、実際には多機能な臓器なので、がん進行によって現われてくる症状も様々である。発熱、体重減、倦怠感や、ホルモン不足による貧血、高血圧、血中カルシウム濃度の上昇に伴う食欲不振などを発症する。

腎臓がんは放射線治療や抗がん剤治療の効果の薄いがんであるため、腎臓を外科的に切除するのが最も最善とされる。

3cm大以下であれば転移も少なく、予後は良好である。

がん自体が小さい場合、腎臓を丸ごと取ってしまうのはもったいないので、患部と周囲1cm程度を掘る、という治療も行なわれる。

関連する疾病
がん
小児がん
疾病箇所
腎臓
病気の原因
煙草

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club