通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

蜘蛛膜

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官名称編 (BBORGN)
読み:くもまく
外語:arachnoid 英語
品詞:名詞
2005/09/14 作成

脊髄の表面にある膜である髄膜のうち、中層のもの。「蜘蛛」の字が当用漢字から漏れたため、かなでクモ膜、くも膜とも書かれる。

蜘蛛膜はオブラートのような膜であり、この膜自体には血管はない。

この下(内側)に脳脊髄液で満たされ細い血管が数多く走る蜘蛛膜下腔がある。この血管に動脈瘤や動脈硬化があると、ある時突然破れてしまうことがある。これが蜘蛛膜下出血である。

器官の所属

脊髄
髄膜
関連する疾病
蜘蛛膜下出血
関連する用語
蜘蛛膜下腔
脳硬膜
脳軟膜
脳脊髄液

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club