通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

言語野

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官用語編 (BBORGY)
読み:げんご・や
品詞:名詞
2002/01/11 作成
2008/08/18 更新

大脳皮質のうち、言語の理解などを受け持つ部分。

右利きの人の99%、左利きの人の約2/3は、左脳にあり、その大脳皮質に複数存在する。うち前頭葉にあるものをブローカ言語野(運動性言語野)、側頭葉にあるものをウェルニッケ言語野(聴覚性言語野)という。

言語野は6〜8歳頃までに約90%が作られると言われており、この頃に聞き話した言葉が母国語となる。

例えば脳卒中などで言語野だけに障害(障礙)を受けたとすると、考えることはできても、話すことや、人の話したことを理解することができなくなる。

器官の所属

大脳
大脳皮質
前頭葉
側頭葉
関連する用語
左脳

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club