通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

超音波

辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:ちょうおんぱ
外語:supersonic wave 英語
品詞:名詞
1997/08/09 作成
2009/09/27 更新

広義の音波のうち、特にヒトに聞こえない高周波のもの。

ヒトの可聴範囲内の音波より波長が短く、電波よりは波長が長い。

但し音波は電波と違い電磁波ではない。

性質

人間の耳には聞こえない音域を指して言う。

人間には聞こえないが、他の動物には聞こえることも多い。人間には聞こえないが犬には聞こえる「犬笛」などもその応用の例である。

用途

用途としてはモーターなどがあり、一眼レフカメラのオートフォーカスレンズ駆動に使われている。例えば、キヤノンのEOSシリーズ用レンズの一部高級なものに使われており、大きなレンズでも高速に合焦する。USMと呼ばれている。

また超音波振動を利用した超音波洗浄器などもある。金属の棒に電圧をかけると超音波による振動が発生する。これは眼鏡屋の店先などで見ることができる。

用語の所属
音波
関連する用語
モーター
電波

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club