通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

辛子油

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:からしゆ
読み:からしあぶら
外語:mustardseed oil 英語
品詞:名詞
2012/03/30 作成

カラシナ(芥子菜)の種子を圧搾等して搾りとられる植物油脂のこと。カラシ油、辛子種子油、マスタードシードオイル。

カラシの種子から取られた油であり、辛い油である。

和食には向いておらず、従って日本では食用に適さない油とされているが、インド、ネパール、バングラデシュなどでスパイス料理の調理に使われている。

化学的性質

エルカ酸(C22:1)を多く含む。

用途

インド料理などに使う。

使用方法はサラダ油と同様だが、辛味があるため、用途が限られる。

用語の所属
食用油
植物油脂

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club