通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

野沢菜

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・植物編 (BBNP)
読み:ノザワナ
外語:Nozawana 英語 , Brassica rapa var. hakabura 学名
品詞:名詞
2011/10/31 作成
2012/01/06 更新

アブラナ科アブラナ属の二年草。漬物用として栽培されている。

分類

▼はAPG分類法における階層で、従来の階級にないもの。

旧階層

古い分類法での階層構造は次の通り。

新エングラー分類法

クロンキスト分類法

  • 門: モクレン門 Magnoliophyta
  • 綱: モクレン綱 Magnoliopsida
  • 亜綱: ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
  • 目: フウチョウソウ目 Capparales
  • 科: アブラナ科 Brassicaceae

生態

ラパはアブラナやなどの原種で、この何らかの変種の変種と考えられている。

長野県下高井郡野沢温泉村などを中心として、信越地方で主に栽培されている野菜である。これが、この地方の特産である野沢菜漬けとなる。

アブラナ(菜の花)のような黄色い四弁の花を付ける。

野沢菜の由来は今もって定かでは無いが、その生態から、蕪に由来する変種とみられている。

つまり、野沢菜にも蕪のような根がある。野沢菜自体は丈が1mを越えるほどに成長するが、蕪のような根は小さく、その上美味しくもないので、蕪とは違って食用としては使われない。

野沢菜とされる野菜は、野沢温泉村に何らかの経路で至り、これがその数を増やしたものとみられる。この村の近隣にも、類似の漬物用の蕪や漬け菜があり、野沢菜の近縁種とみられている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club