通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

降着円盤

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:こうちゃくえんばん
品詞:名詞
2003/07/02 作成
2020/09/06 更新

ブラックホール白色矮星中性子星といった高密度星に落ち込もうとするチリやガスなどが、その天体の周囲に作る円盤のこと。

その中心にある重い天体に対し物質が落ち込もうとする時、いきなり落ちるのではなく周囲を公転する角運動量を持ち、周囲を公転しながら徐々に落下する構造を作る。これが降着円盤である。

その物質は互いの摩擦で高温となり、やがて電離プラズマになる。プラズマが降着円盤として中心天体の周囲を回転することになり、これによって強い磁場が作られる。その磁場と回転により生じる磁気遠心力、あるいは回転によってねじられた磁場が作る磁気圧により、物質は加速され宇宙ジェットを噴出することがある。

関連する用語
高密度星
宇宙ジェット

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club