通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ECL

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:イースィーエル
外語:ECL: Emitter Coupled Logic 英語
品詞:名詞
2000/11/08 作成
2007/08/01 更新

論理回路の基本形式の一つ。

目次

同じくバイポーラトランジスタを使用するTTLと違うのは、高速化を最優先とするため、スイッチング・トランジスタを飽和点までスイングしないことである。

この為、High-Lowのレベル差は800mV程度しかなく、また負電源で使用するのが一般的なのでCMOSやTTLと混用するのは非常に面倒である。

当時の論理回路では最も高速だったが、消費電力が極めて高く、従って集積度も上がらない。このため、プリスケーラのような特定用途を除けば、殆どメインフレームスパコンの専用素子に近かった。

言うなれば、消費電力を上げるだけ高速に働くので、巨大な放熱機構を抱かせて電熱器の如く働かせるのを、ECLで設計をする人々は常識と考えていた。

市販品にはMotorolaのMECL10000シリーズなどがある。基本回路の論理はNOR/OR(作動出力で両者同時に出すことができる)である。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club