通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

L-フェニルアラニン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質名・アミノ酸編 (NSUBNAA)
読み:エル・フェニルアラニン
外語:L(-)-Phenylalanine 英語
品詞:名詞
2001/03/22 作成
2014/06/17 更新

天然アミノ酸の一つフェニルアラニンのL体。単にフェニルアラニンと言った場合、このL体を指すのが一般的である。

フェニルアラニンの略号は "Phe"、"L"。

mRNAの対応するトリプレット暗号(コドン)は、UUU、UUCである。

基本情報

  • 分子式: C6H5CH2CH(NH2)COOH
  • 分子量: 165.19
  • 比重: (該当資料なし)
  • 融点: 283℃〜284℃(分解)
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 63-91-2
  • ICSC番号: (登録なし)
  • 化学名: (S)-2-Amino-3-phenylpropionic acid

L-フェニルアラニン
L-フェニルアラニン

  • 外観: (該当資料なし)
  • 結晶形: 斜方晶系
  • 溶解性: に難溶

フェニルアラニンは、蛋白質を構成する芳香族アミノ酸で、必須アミノ酸の一つ。

成人男子の必須量は一日2.2g。

人工甘味料アスパルテームの原料となる。

食品衛生法に基づく添加物の表示等について(平成22年10月20日付け消食表第377号)では、調味料のうちアミノ酸に分類されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club