通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

N-アセチル-p-ベンゾキノンイミン

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:エン・アセチル・パラ・ベンゾキノンイミン
外語:NAPQI: N-acetyl-p-benzoquinone imine 英語
品詞:名詞
2004/04/10 作成
2005/05/18 更新

アセトアミノフェンの中間代謝物質の一つ。

肝細胞内の酵素チトクロムP450酵素(特にCYP2E1)系により作られる。この物質は肝細胞中でグルタチオン抱合により薬理学的に不活性な抱合体となり、尿中に排泄される。

しかし、許容量を超えてアセトアミノフェンが服用されるとグルタチオンが枯渇し、代謝経路は飽和してしまう。そして解毒しきれなかったN-アセチル-p-ベンゾキノンイミンが肝細胞の壊死をまねき、肝細胞障害を起こす。

所在
肝臓
肝細胞
関連する用語
チトクロムP450
壊死
尿

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club