通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

VRSA

辞書:科学用語の基礎知識 生物名・細菌/古細菌編 (BBNM)
読み:ヴィーアーエスエイ
外語:VRSA: Vancomycin Resistant Staphylococcus Aureus 英語
品詞:名詞
2003/02/22 作成
2015/12/06 更新

バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌。バンコマイシンに耐性を持ったMRSAのこと。

当時は最強の抗菌剤(広義の抗生物質)だったバンコマイシンに耐性を示す黄色ブドウ球菌である。

また、β-ラクタム剤のほぼ全てにも耐性を示すため、現時点で有効な抗生物質は存在しない。

この細菌は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の変種として2002(平成14)年6月にアメリカで臨床分離された菌種であり、抗生物質バンコマイシンに耐性を示す株である。

変異

メチシリンの効かないMRSAの治療にはバンコマイシンが使われる。これは菌の細胞壁の生成を阻害する薬剤であった。

しかし、徐々にバンコマイシン低感受性の株(VISA)が見つかるようになり、そして遂に、耐性遺伝子vanAを持つ耐性菌VRSAが登場した。

蔓延

バンコマイシンにまで耐性を持つようになると、治療が事実上不可能になる。バンコマイシンより強力な抗菌剤(抗生物質)は長く存在しなかったかららである。

このような菌株が増えるのを防ぐため、バンコマイシンの使用はMRSA感染治療のみに限定し、それ以外での使用は避けるようになった。

用語の所属
ブドウ球菌
MRSA
関連する用語
バンコマイシン
VISA
VRE

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club