通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

細胞壁

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:さいぼうへき
外語:cell wall 英語
品詞:名詞
2001/04/22 作成
2008/06/17 更新

植物菌類(真菌)など動物を除く真核生物と、細菌など原核生物の多くが持つ、細胞膜の外側を取り巻く構造物。

細胞壁は植物微生物に特有のもので、動物細胞には存在しない。

細胞壁の主要な機能は細胞の防御と補強であるが、それ以外にも様々な機能がある。

成分

植物の細胞壁は、セルロースヘミセルロース、リグニンなどを成分とする。

真菌の細胞壁はキチンやグルカンなどである。

これに対して細菌の場合、ペプチドグリカンを主成分としている。

細菌細胞壁

構造

細菌の細胞壁というのは、内側がペプチドグリカン(ムレイン、ムコペプチド、ムコポリマーともいう)、外側が外膜(燐脂質)、という構造を基本とする。

ペプチドグリカンとは、ペプチド(=アミノ酸)と、グリカン(=多糖類)から構成される高分子である。

細菌細胞はこの分子の単量体(ペプチドグリカンモノマー)を細胞膜外に分泌し、これを細胞の成長(大型化、分裂)に応じ、既存の細胞壁に補充しながら細胞壁を構築する。

大雑把には、次の手順である。

  1. 酵素で既存の細胞壁の一部を壊す
  2. ペプチドグリカンモノマーの糖鎖部分を、既存細胞壁の糖鎖に組み込む
  3. 酵素でペプチド鎖同士を架橋

機能

細菌の細胞壁は、細胞の補強が特に重要な機能である。

細胞内の液体には様々な物質が溶け込んでおり、常に浸透圧が働いている。このため周囲より水分が入り込み、細胞を膨らませる。この膨張を一定で抑える機能を細胞壁は持っている。

一般に細菌細胞は動物細胞と比べ浸透圧が高いため、細胞壁が損なわれると細胞外の水分が細胞内にどんどん浸入し、浸透圧に抗し切れなくなり破裂、つまり溶菌を起こしてしまう。

例えば抗生物質の代表であるペニシリンは、ペプチド鎖同士を架橋する酵素を阻害し、この作用によって細胞壁の合成を阻害し、溶菌させる。こうして細菌に対し殺菌作用を示す。

用語の所属
細胞
植物
菌類
真核生物
原核生物
関連する用語
細胞膜
抗菌剤

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club