通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

nou-darake

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:のうだらけ
外語:ndk: nou-darake 英語 , 脳だらけ 日本語
品詞:名詞
2006/09/28 作成
2012/06/17 更新

遺伝子の一つ。

この遺伝子は、脳細胞を作る物質を脳内に留める働きがある。

そのため、この遺伝子が発現すれば、頭以外に脳細胞が出来ることはない。しかし、この遺伝子の動きを止めると、脳が全身に出来てしまう。

この遺伝子は、理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターの阿形清和・ディレクターらが、原始的な動物であるプラナリアから発見し、2006(平成18)年10月10日にプレス発表した。

応用

これを応用すると、将来的には人間の全能性幹細胞から神経細胞を作り出し、延いては脳の治療に役立てることが可能となると期待される。

名称

この遺伝子は、nou-darake(脳だらけ)と命名された。

通常はこの遺伝子が機能しており症状は出ないが、もしこの遺伝子を失うと脳だらけになってしまう症状が出る。このような時、この欠失時の症状から遺伝子名が付けられることがあり、nou-darakeもこのような命名法により名付けられたものである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club