通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

サフィックス

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:サフィックス
外語:suffix 英語
品詞:名詞
2006/10/27 作成
2008/01/20 更新

後ろに付けるもの。

C/C++

整数

C++ISO C(ISO/IEC 9899:1990)では、整数定数などの型を明示するためのサフィックスが定義されている。

long関係はLまたはl、unsigned関係はuを使う。

変数型サフィックス使用例
符号あり符号なし
intなしu、U1234U
longL、lUL、LU、ul、lu等1234L、1234UL
long longLL、llULL、LLU、ull、llu等1234LL、1234ULL

浮動小数点

C/C++では、ピリオドを小数点とし、小数点を含む定数を浮動小数点定数として扱う。

何もサフィックスを付けなければ倍精度(double)とみなされる。long doubleの場合は、整数定数の場合のlongと同様にLまたはlを使う。

変数型サフィックス使用例
floatF、f10.0F
doubleなし10.0
long doubleなし10.0L

更に、指数表現の場合は仮数部指数部の区切りにEまたはeを使う。

8.0E-5

これは、8.0×10−5を表わす。

16進浮動小数点

C99(ISO/IEC 9899:1999)以降のCでは、浮動小数点定数の16進数表記が可能となっている。具体的には、次のように記述する。サフィックスはPまたはpである。

0xaaaa.ccccP+10

小数部は省略可能だが、P以降は省略できない。P以降は+または-の記述が可能。

0x1234P0F

0x1234P0FL

のように、型を明示することもできる。

関連する用語
プリフィックス

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.02 (21-Aug-2018)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club