通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

int

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:イント
外語:int 英語
品詞:名詞
2001/09/28 作成
2016/03/02 更新

C/C++/Java予約語の一つ。「基本的な整数型」を示す。

長さ

C/C++では、short以上long以下の処理系依存のサイズを持つ。

言語仕様上はビット長は保証されておらず、次のように扱われる。

charshortintlonglong long

一般的な実装では、データ型モデルに応じて、次の長さとなることが多い。

  • 16ビット環境 = 16ビット長
  • 32ビット環境
    • ILP32 = 32ビット長 (多くの32ビット環境)
    • LP32 = 16ビット長
  • 64ビット環境
    • LLP64 = 32ビット長 (Win64)
    • LP64 = 32ビット長 (多くの64ビットLinuxやBSD)
    • ILP64 = 64ビット長

例えば、MS-DOSWin16では符号付き16ビット長、Win32/Win64では符号付き32ビット長である。

サフィックス

数値の型を表わすサフィックスは、特にない。

printf

printfのフォーマット文字列は、標準的には%dを用いる。

マクロ定数

ANSI Cの時代より、limits.hにおいて以下の3個のマクロ定数が定義されるようになった。これを利用すると、その環境での長さを得ることができる。

INT_MIN
int型の最小値 (例えば-2147483648)
INT_MAX
int型の最大値 (例えば2147483647)
UINT_MAX
unsigned int型の最大値 (例えば0xffffffff)

typedef

ISO Cには、次のtypedefが存在する。

typedef int int32_t;

Windowsでは、次のtypedefが存在する。

typedef int INT;

符号

符号ありであることを明示する時はsignedを先行して記述し、signed intとする。

符号無しであることを明示する時はunsignedを先行して記述し、unsigned intとする。

殆どの実装では、intはsigned intと同じで、符号付きである。しかし、「ステファン・G・コーチャン 著、中尾真二 訳、翔泳社、標準講座 C (Programmer's SELECTION) ページ274」には、次のような記載もある。

宣言時にint型を指定した場合、それが符号付きか符号なしかどうかは実装に依存します。安全を期すなら、signed intかunsigned intかを明示的に指定します。

Javaでは常に符号付き32ビット長。

用語の所属
整数型
C
C++
Java
関連する用語
unsigned
long
short

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club