通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

シャープ

辞書:電算用語の基礎知識 技術機器製造団体編 (TYORGM)
読み:シャープ
外語:Sharp Corporation 英語
発音:ʃá:rp 英語
品詞:会社名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

シャープ株式会社。本社大阪府大阪市。創業者は早川徳次(1894(明治27)年〜1980(昭和55)年)。

1912(大正元)年、東京本所松井町で金属加工業を始め、ベルトバックル "徳尾錠" を考案。1915(大正4)年、現在シャープペンシルの名で知られる "早川式繰出鉛筆" を発明。

1923(大正12)年、関東大震災により全工場と家族を喪失。シャープペンシルの特許を売却して負債を処理後、3名の従業員とともに大阪で再起を図り、1924(大正13)年、早川金属工業研究所を設立。鉱石ラジオの研究に着手し、翌年の1925(大正14)年、国産初の鉱石ラジオの量産販売を開始。

1942(昭和17)年に早川電機工業株式会社、1970(昭和45)年にシャープ株式会社へと社名を変更して現在に至る。シャープへの社名変更のエピソードは「社長!この商品(シャープペンシル)を売り込みたいので、社名を変更してください! 早川社長:ええでぇ〜」であったと言われる。

パソコン界では、かつてはX68000、現在はザウルスの人気が高い。また、Vodafone(旧J-PHONE)携帯電話では一番人気のメーカーでもある。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club