通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

スティーブ・ジョブズ

辞書:電算用語の基礎知識 技術用語人物編 (TYMAN)
読み:スティーブ・ジョブズ
外語:Steven Paul Jobs III 英語
品詞:人名
2004/01/01 作成
2011/10/06 更新

Apple Computer(現Apple)創業者の一人であり、NeXTの創業者。その後、長くAppleのCEOを務めた。なお、スティーブ・ジョブズは通称。

Appleまで

北カリフォルニアの機械工の養子。リードカレッジを中退した後インドを放浪する等、まさに西海岸ヒッピー世代である。

Hewlett-Packard在籍時、アタリ社にいたスティーブ・ウォズニアックと共に企画した「ブレイクアウト」というブロック崩しゲームが、彼の最初の仕事である。この二人のスティーブは親交を深めてゆく。

Apple設立後

1976(昭和51)年に、二人のスティーブはApple Computerを設立した。ジョブズの自宅ガレージでApple Ⅱを製造していたエピソードが有名である。

1984(昭和59)年にはMacintoshを企画、販売して、現在のApple Computerの礎を作る。しかし、そのテクノロジーに対するあまりに徹底した態度のために技術者達に疎んじられ、その結果自らが雇ったジョンスカリーによって1985(昭和60)年にApple Computerを追われることとなった。

Next以降

その後Next社を設立するが売り上げは振るわず、1991(平成3)年にキヤノンにハード部門を売却、更に1996(平成8)年に会社自体をApple Computerに買収され、ジョブズは古巣に戻る事になる。

また、ジョージルーカスから買収したピクサーは、ディズニーとの共同作品トイストーリーの大ヒットにより一躍脚光を浴びることになる。

ジョブズ曰く、「Appleは大人になって初めて恋をした相手みたいなもの」。

AppleのCEO(最高経営責任者)として長く務めたが、2011(平成23)年1月から健康問題を理由に休養を始め、2011(平成23)年8月24日(現地時間)にCEO職を辞することを発表した。CEOの後任はこの時点でのCOO(最高業務責任者)のティム・クックで、ジョブズは会長として引き続き業務にあたるとした。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club