通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ソフトウェア割り込み

辞書:電算用語の基礎知識 技術演算器編 (TTCPU)
読み:ソフトウェアわりこみ
品詞:名詞
2011/02/27 作成

割り込みのうち、ソフトウェア的に発生させられたもの。

マイクロプロセッサーに用意された割り込み命令を用いると、ハードウェアからの場合と同様、割り込み処理が動作する。

このように、ソフトウェア(プログラム)から発生させた割り込みを、ソフトウェア割り込みという。

割り込み命令

Z80ではRST命令、x86ではINT命令が該当する。BIOSOSが用意したシステムコールを利用する場面など、あたかもCALL命令と同じように使う例も見られるが、それは本来の利用目的ではない。

割り込み処理においては、その処理を行なうためにマイクロプロセッサーの処理権限が上がることが一般的であるので、処理権限の低い状態から高い処理権限が必要な処理を行なうような場合に使われることが多い。

一方で、この命令は内部処理が複雑となり、その分動作が遅いという問題がある。

現在は、sysentersyscallという、それ専用に用意された命令を使うのがトレンドとなっている。

例外

外部からではなく、マイクロプロセッサー自身が発生させる割り込みである。不正な動作をしたときに発生することが多い。

マイクロプロセッサーレベルで見れば例外と割り込みは同じものであり、ソフトウェアから見てもBIOSやOSが発生させた割り込みとそれほど大きな差違があるわけではない。

用語の所属
割り込み
関連する用語
システムコール
sysenter
syscall

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club