通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ビッグエンディアン

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ビッグエンディアン
外語:Big-endian 英語 , pez/komenc/a エスペラント
品詞:名詞
1995/03/20 作成
2007/04/05 更新

数値をメモリーに書き込む際の順番(バイトオーダー)規約の一つ。

上位→下位と数値を格納する。Motorolaプロセッサー(MC680x0)や、ルネサスのSuperH、SunのSPARCなどがこれを採用している。

例えば、0x12345678をメモリーに格納する場合、8ビット毎に区切り、0x12 0x34 0x56 0x78の順にストアされる。人間がみて分かりやすいという利点があるが、同じアドレスを読んだ場合でもアクセスサイズにより最下位バイトの内容が一致しないという問題もある。

これに加えてMotorola 68000のように2バイト以上の単位で奇数アドレスにアクセスできないという制限が加わると、バイト単位でのデータを扱うのが瀕雑になるという問題もある。

まず、次のメモリー内容であるとする。

アドレス0000000100020003
データ0x120x340x560x78

この時にアドレス0000をreadした場合、次のようになる。

アクセスサイズレジスターの内容
1 BYTE0x00000012
2 BYTE0x00001234
4 BYTE0x12345678

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club