通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

プリエンプション

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:プリエンプション
外語:preemption 英語
品詞:名詞
2000/07/13 作成
2012/04/04 更新

実行中のタスクを一時的に中断し、他のタスクに強制的に切り替えること。

オペレーティングシステム(OS)などにおける、タスクスケジューリングに関する機能の一つである。

複数のタスクを並行して実行するためには、タスクスケジューラーが決定した時刻に、実行中のタスクAから他のタスクBへと強制的に切り替えることが必要となる。これを「プリエンプションを行なう」と言う。この機能を有した仕組みを「プリエンプティブマルチタスク」という。

Windows 3.1以前や、Mac OS 9以前のMac OSなどではプリエンプションの機能を持たないので、「ノンプリエンプティブマルチタスク」といい、これは疑似マルチタスクOSと呼ぶこともある。

カーネルの対応

WindowsカーネルやLinuxカーネルなどリアルタイムカーネルでないカーネルの場合、カーネルが処理中の場合は他の処理に切り替えない設計である。

こういったものでもアプリケーションタスクを強制的に切り換えられるものを「プリエンプト」ということが多いが、リアルタイムとしての用語では、カーネルが処理中であっても他の処理にCPUを割り当てることを「プリエンプト」という。

優先度

プリエンプションでタスクが切り替わる際、優先度(プライオリティ)の高いタスクが実行可能になったとき、優先度の高いタスクを先に実行する。

このように、時分割だけではなく、優先度にも応じたタスクスケジューリングを持ったOSを、リアルタイムオペレーティングシステムという。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club