通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

プロテクトメモリー

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:プロテクトメモリー
外語:protect memory 英語
品詞:名詞
2005/05/25 作成
2009/08/21 更新

80286以降でアクセス可能なアドレス領域にあるメモリーのこと。プロテクトモードメモリー。当時は、末尾の「ー」を省いて「プロテクトメモリ」と頻繁に書かれた。

目次

8086/80186および互換品はアドレスバスが20ビットだったが、80286はアドレスバスが24ビットとなった。

よって、80286以降ではアドレッシング範囲が拡張されており、この8086では扱えない範囲のメモリーをプロテクトメモリーと呼ぶ。

20ビットと24ビットでは、次の範囲がアドレッシング可能である。

  • 20ビット ‐ 00000h〜FFFFFh
  • 24ビット ‐ 000000h〜FFFFFFh

つまり8086等は00000h〜FFFFFhの1Miバイトしか扱えないので、100000h以上のアドレスにあるメモリーをプロテクトメモリーという。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club