通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

XMS

辞書:電算用語の基礎知識 計算機内部固件編 (TCAPI)
読み:エックスエムエス
外語:XMS: eXtended Memory Specification 英語
品詞:名詞
1997/07/15 作成
2008/02/18 更新

MS-DOS ver 3.00以降で利用できる、640Kiバイトを超えるメモリー(プロテクトメモリー)を使用するための規格の一つ。

目次

MicrosoftLotusIntel、AST Researchが規格を制定し、1991(平成3)年1月に作られたver3.00が最終版となった。

当時よく使われたEMSとは違い、80286以上のCPUでないと使えない。

単にXMSと言っても、実際は次の三つの仕様が存在し、プログラム上扱いがややこしい。

しかしCPUの性能を活かしてメモリーを拡張しているので高速で、理論上CPUのメモリー制限いっぱいまで拡張できる。

関連する技術
EMS
BMS
関連する用語
プロテクトメモリー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club