通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

BMS

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:ビーエムエス・イーエムエス
外語:BMS: Bank Memory System 英語
品詞:名詞
1997/07/15 作成
2008/02/18 更新

MS-DOS上で、640Kiバイト以上のメモリーを使用するための規格の一つ。

目次

コンベンショナルメモリーのうちの512Kiバイト〜640Kiバイトのメモリー領域を適宜切り替えて使用するというもの。

当時は、NEC PC-9800シリーズで使われていた。

この規格が考えられた当時はメモリーが高価だった上にメモリーを拡張しなければならないほど巨大なアプリケーションは少なかった。しかも、きちんとしたBMS規格が定まらないままEMSXMSといった新しい規格が登場したため、広く普及することはなかった。

BMSという名称は、EMSやXMSの登場後につけられたもので、現役当時は単に「バンクメモリー」などと呼ばれていた。

これはアイ・オー・データ機器により提案・規格化されたが、その責任を取ってか、完全に時代遅れと化していたこの規格を、NEC PC-9801用としては最新のメモリー関連製品でも律義にサポートしていた点にはただただ涙であった。

関連する技術
EMS
XMS
関連する用語
バンクメモリー
コンベンショナルメモリー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club