通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ボカロ先生 氷山キヨテル

辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ音像編 (PNAPLLG)
読み:ぼかろせんせい・ひやまきよてる
品詞:商品名
2009/11/14 作成
2011/10/30 更新

AH-Softwareより発売された、音声合成ソフトウェアVOCALOID2用ライブラリの一つ。

このソフトウェアは、ヤマハの開発した音声合成エンジン「VOCALOID2」を採用し、実際に人間から録音された音声データを音声ライブラリとして追加した製品の一つである。

2009(平成21)年12月4日に発売。

同時発売の関連製品は、ボカロ小学生 歌愛ユキである。

キャラ

キャラの名前も、製品名と同じ「氷山キヨテル」である。

キャラクターデザインは不明だが、同社製品jamバンドのイラストを描いているイラストレーター梅谷阿太郎と見られている。音声の担当者は公表されていないが、音声はVOCALOIDの開発に関わってきた実力派シンガーが担当した、としている。

黒髪に背広を着た20代と思われる男性。ネクタイの色は紺。

氷山キヨテルの名前の由来は不明。

設定

公式設定では、歌愛ユキの担任、という以上の細かい設定はない。

初音ミクなどと同様、細かい設定を決めないことで、利用者の曲作りに制限を付けない方向性のようではあるが、実際には単なる手抜きだろう。

名前にしても、クリプトンの製品は想いが込められているのだが、こちらはそのようには見えず、歌声合成ツールUTAUの派生のような適当感が漂っている。

適応

適応する曲ジャンルなどは公表されていない。

公式の得意な音域がC2‐G3となっている。

KAITO風の声なので、かなり置き換えが効くのではないかと見られてはいるが同時に、この製品の必要性も問われる結果となっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club