通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

メカニカルキーボード

辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:メカニカル・キーボード
外語:mechanical keyboard 英語
品詞:名詞
2001/02/18 作成
2008/06/02 更新

メカニカルスイッチを採用したキーボードキーが機械式になっている。

目次

スイッチとして、マイクロスイッチなどが使われている。伝統的なものだが、全てのキーにスイッチを使うためコストが掛かる。ゆえに低価格指向の昨今では、一部の高級品でしか見られない。

スイッチが使われているため、タイプ時に「カチカチ」と音が鳴るのが特徴である。

バックリングスプリングキーボードなど、実際にはメンブレンであっても、メカニカルタッチ(メカニカルと似たタッチ)のキーボードをこう呼ぶこともある。

一般に、キーは重い(押し込む時に硬い)。

タイプライターに慣れ親しんだ欧米人には、これくらいの重さがないとキーを打った気がしないのか、人気がある。日本人でもこれを好む人もいるが、最近の流行は軽いキーが使われたものであるようだ。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club