通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

仮想EMS

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:かそう・イーエムエス
外語:Virtual EMS 英語
品詞:名詞
2003/04/21 作成
2008/02/18 更新

プロテクトメモリー(1Miバイトを超える部分のメモリー)を使い、ハードウェアバンクメモリーをエミュレートするもの。

名前の仮想は、仮想86モードから採られたものと考えられる。

この動作がEMSが本来想定している動作モードであり、32ビットCPUのi386以降で利用できる。

技術

i386以降は、CPUに仮想86モードと呼ばれる動作モードを持つ。そのメモリーアドレス変換機能を利用することで、16ビットでアクセス可能なある領域に、プロテクトメモリーの一部をマッピングする。

かくして、16ビットOSでありながら、アプリケーションは多くのメモリーを用いることができるようになった。また、ハードウェアEMSボードよりも高速に動作した。

制限

扱えるメモリーは、その特徴からi386の32ビットアドレッシングの制限に依存し、最大32Miバイトまでとなっている。

用語の所属
EMS
関連する用語
ハードウェアEMS
i386
仮想86モード

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club