通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

3条項BSDライセンス

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング設計編 (PTPROGE)
読み:さんじょうこう・ビーエスディー・ライセンス
外語:The BSD 3-Clause License 英語
品詞:名詞
2013/07/03 作成
2014/11/06 更新

BSDライセンスのうち、条件が3つあるもの。

4条項BSDライセンスから、3番目にあった「宣伝条項」を削除したもの。

これによって、GPLと互換性が生まれた。従って、BSDライセンスのソフトウェアをGPLで配布できる(その逆はできない)。

宣伝条項が邪魔とはいえ、第三者に削除はできない。勝手に消せば、それはライセンス違反である。そこで1999(平成11)年7月22日カリフォルニア大学バークレー校のウィリアム・ホスキンス(William Hoskins)が、既に配布されている全てのBSDライセンスについて、宣伝条項は不要であると宣言した

これにより宣伝条項は削除され、3条項BSDライセンスとなった。

次の構成となっている。

<著作権表示>

変更の有無を問わず、ソースやバイナリ形式での再配布や利用は、次の条件を満たせば許可される。

  1. ソースコードの再配布は、上記の著作権表示、ここに列挙された条件、および下記の免責条項を保持すること。
  2. バイナリ形式の再配布は、上記の著作権表示、ここに列挙された条件、および下記の免責条項は、ドキュメントまたは他の資料で配布すること。
  3. このソフトウェアのコントリビューター(貢献者)の名前は、特定の書面による事前の許可なしに、このソフトウェアから派生した製品の保証または販売促進のために使用してはいけない。

<免責条項>

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club