通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

DR-DOS

辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:ディーアードス
外語:DR-DOS: Digital Research Disk Operating System 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

ディジタルリサーチにより開発されたMS-DOSの100%互換オペレーティングシステム(OS)の名。一部のマニアに受けたが、一般に普及することはついになかった。

ディジタルリサーチがNovellに吸収されてからNovell DOSと名を改め、後にNovellからスピンアウトして設立されたCaldera(現在のLineo)に引き継がれてOpenDOSと名を改めた。しかし、その後再びDR-DOSという名に戻されている。

ディジタルリサーチがDR-DOSを開発して以降は、Microsoftは自社のソフトウェアや自社のコンパイラーでコンパイルしたソフトウェアで、DR-DOSかどうかを判定し、DR-DOSの場合は正常に動作しないような仕組みを組み込むなどの卑怯な方法でDR-DOSを攻撃していた。Microsoftの卑劣さは今も昔も変わらない。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club